【緊急募金】台湾東部地震支援

※3度目の目標金額(1,000,000円)をクリアしましたので、再度目標を増額いたしました。
※募集期日を1ヶ月延長し、2018年4月20日に変更いたしました。

 

台湾東部地震・緊急救援募金を開始しています。

台湾で2月6日午後11時(日本時間7日午前零時)50分ごろ、台湾北東部・花蓮県沖約18キロを震源とする地震が発生。

震源に近い花蓮市などで震度7を観測し、複数のビルが倒壊した他、地震の影響で多くの死者・行方不明者・負傷者が出ています。

2016年2月6日には台南で117名の方が亡くなった台湾南部地震が発生し、ちょうど2年が経過した日に今回の地震が発生しました。ここ数日、台湾は寒波による記録的な寒さとなっており、避難している住民の体調が心配されます。

 

 

ユナイテッドアースでは、2016年発生した台湾南部地震の際に復興支援を目的に405,437円の義援金を集め、地元防局隊員とともに人命救助や行方不明者の捜索、倒壊現場の瓦礫の撤去等を行う「台南市義消通訳中隊」と「虎尾寮民間緊急救援隊」の2団体に寄付をさせていただきました。

【詳しくはこちら】→ 2016年3月30日台湾震災支援のご報告

 

2011年に発生した東日本大震災では、世界各地から多大な支援を送っていただき、私たち日本人はとても勇気付けられました。その中で最も多額の義援金を届けてくれたのが台湾でした。

総額は180億円を超え、それ以外にも、救援隊や物資支援など、台湾の皆さんからの想いも含め、私たちの背中を押し、励ましてくれました。

そして今回の地震…

現地では、今も救援活動が続いています。

まずは、ひとりでも多くの方の命を救うための救援活動、そして一刻も早い復旧に向けての復興支援を!

地震で被災された方々のため、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

◆災害時の緊急救援募金について

ユナイテッド・アースでは国内外にいる3万人以上の仲間より現地の生の情報を集めた上で、どの機関や団体に寄付させていただくのがよいか、調査と協議を重ねたうえで支援先を決定しています。

具体的な支援内容や支援先に関しては、今後随時ウェブサイトやユナイテッド・アースのメルマガなどで情報を発信しています。

また、皆様からお預かりした救援募金がどのように活用されたのかを、できる限り詳しくレポートとしてお届けしています。